KIKUNOSUKE's LIFE

アクセスカウンタ

zoom RSS 999.9 NP-67

<<   作成日時 : 2014/04/21 23:30   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像


こんばんはぁ〜自分の目に怒りさえ覚える菊之助です^^;

さてぇ〜以前作った眼鏡の数々、、、遠方用、近接用、PC用
どれもにじむというか〜ぼける感じがあります。
カメラのピンぼけとは少し違う感じです。
そこで、行きつけの眼鏡店に伺い測定をしてもらうと・・・。

乱視発覚。。。^^;

お〜〜〜ぃ・・・・^^;

どこまで進行するのだろう〜この目は・・・。

仕方ありません。

追加をお願いするしかありません。

ということで、今回はつや消しタイプのフレームで、車やバイクの運転時にも良いように

カラーを強めに入れてもらいました。

真っ暗な道でもわかる範囲の濃さで設定

これでもはめると、他人からみるとかなり濃く、目が見えないよ?

というぐらいだそうです。

画像


できばえですが、乱視が入った事で、かけると自分の背丈が伸びた感じがあるのですが、

なれればどう〜ということはありませんでした。

手元から10mさきぐらいまでは、度数が変化しているのさえわからないほどのでき前です。

HOYAのJAZZで作っていただいたのですが、私と相性がとても良いようです

ですが、遠方、こちらが少し問題あり

眼鏡フレームの選択時、なるべく高さがある物を選択したのですが、

999.9を買いながら、デザインを重視できないのなら、町の安価なフレームで良い訳で・・・。

最優先はフッション性です。

従って、許せる範囲のサイズでNP-67を選択

そうなると、遠方上部領域か下部近接のどちらかが犠牲になる訳です。

ちょうどいいところで領域がとれれば良いのですが、

遠方度数、手元度数、中間度数の兼ね合いもあり、

昔のようなここから手元というようなレンズのきり分けでないらしいのです。

いわゆる、色のぼかしのようなイメージでいいのでしょうか、

例えば手元が+2.5で中間が+1.75とします。

+2.5〜+1.75に移行する間もそれぞれ度数がかわる訳です。

高さの少ないフレームの場合

手元+2.5の部分を+2.75にし徐々に+1.75に減らします。

こうする事により、手元で見える範囲が下部ぎりぎりの少ない範囲ではなくなるわけですね

ただ遠方の設定度数がかかわると、遠方、中間、手元と3段階なわけで、

その設定と設定位置がかなり調整がいるようです。

更に、個人個人フレームを鼻のどこでかけるか癖があるでしょうし、

案外眼鏡が垂れている方がいますからね〜

私は所定の位置で固定させないと、遠近だけではなく、遠中近ですから、シビアでしょう。

レンズの幅を多くとれれば、簡単は事なのでしょうが、

私はみれれば言い訳ではなく、フッションも重要視しているので、

今回のような事が産まれます。

遠方はレンズ領域の上部5m〜7m程度でしょうか、かなり上目使いでみなければ

遠方は見えません。裸眼の方が見えるぐらいですw

SSなど運転するには逆に良いかもですねw

車やCVOの場合、逆に後傾姿勢になる事が多いので、

少し困りものです。

ただ、通常この遠方を下げすぎると、ウインドウショッピング中真正面をみると遠方重視となり

衣服などのみるとき視度が不足してしまう訳ですね。

ただ、以前作ったものは遠方、中間が優れていて使い勝手は良かったです

そのかわり手元(iPhoneなど)は操作しづらかったり、メニュー表はみずらかったりです。

これまた2本持ちでしょうね。

ならば、遠方、中間重視+手元専用の持ち方の方が危険性はないかもですね。

遠方が見えないのは運転時ちと恐怖ものです。

なにはともあれ、視力が落ちるのは本当に辛い物です。

菊之助

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
999.9 NP-67 KIKUNOSUKE's LIFE/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる